ティスコ運輸-
採用情報

倉庫事業部:部長 工藤博之 インタビュー

 » 
倉庫事業部:部長 工藤博之 インタビュー

目次

  1. 倉庫事業の業務内容
  2. 入社後の流れ
  3. 社員が望む方向へ進めるようバックアップします
  4. シニアになっても働ける会社です
  5. 雇用を増やして地域貢献に繋げていきます
  6. 新人さんに期待することとメッセージ


株式会社ティスコ運輸  工藤博之さん

株式会社 ティスコ運輸  工藤博之

以前は住宅関係の設備会社に勤務していたが、10年前に転職してティスコ運輸へ入社。
長距離トラックのドライバーから配車係を経て、倉庫事業部へ。
現在は倉庫事業部の部長を務めている。

1.倉庫事業の業務内容

御社の倉庫事業の業務内容について簡単に教えてください。

お客様から商品をお預かりして本社敷地内にある倉庫で保管し、必要に応じて出荷するのが主な業務です。
ドライバーさんが運んできた品物を倉庫内の適切な場所に仕分けして格納し、在庫を管理します。そしてお客様より出荷依頼があれば倉庫から出し、ご希望の場所に当社のドライバーがお届けできるよう手配します。

お預かりするのはジュースなどの飲料やお菓子が多く、生鮮食品はありません。それらの消費期限の管理も倉庫業務に含まれています。


本社敷地内にある広い倉庫。整理整頓を心がけています。

2.入社後の流れ

新卒採用の社員が入社してからの流れを教えてください。

新卒社員さんの場合、入社して数ヶ月の研修期間中は当社の業務を一通り経験していただきます。いろいろな部署を回って先輩方の助手として勉強し、その後正式な配属先を決定します。

高卒の新入社員は、基本的には倉庫事業かホームサービス事業のいずれかに配属されます。
配属先の決定は本人の希望を優先的に聞くようにしていますが、人によって向き不向きもありますので、研修期間中にその人の長所を見ながら配属を考えています。

倉庫事業に配属されてしばらくの間は、課長や班長、副班長の助手として働き、しっかりと業務を覚えていただきます。倉庫事業にもいろいろな業務があり、それぞれにスペシャリストの先生がおりますので、それぞれの業務ごとに先生から指導を受けます。
期間は決まっておりませんが、もう独り立ちしても大丈夫と判断されたところで、初めて一人で仕事ができるようになります。

倉庫事業の業務にはどんな種類のものがありますか?

一口に倉庫業務といっても、ただ物をお預かりして保管するだけではありません。
具体的に言うと、次のような業務があります。

入庫業務

ドライバーさんが運んできた商品を受け取って、倉庫に格納します。運ぶときは、人力またはフォークリフトを使用しています。
ただ倉庫に入れるだけでなく、品物の積み方1つにも工夫が必要です。きれいに積むことはもちろん、検品がしやすいように積む、動線を考えて移動距離が短くなるように積むなど、いろいろ考慮してロケーションを決定しなければなりません。
また、商品は先入れ先出し法で古いものから出荷されますので、日付の古いものから取り出せるように配置する必要もあります。

検品・在庫管理

商品の入出庫時に予定している数と現物とで差異がないかチェックする業務です。タブレット端末を使用してデータを入力するので、ミスのない正確な操作が重要になります。食品をお預かりしているので、在庫の日付管理もしっかりと行います。

ピッキング

お客様から出荷依頼を受けたら倉庫から必要な分だけを取り出し、ドライバーさんが運びやすいよう荷造りをする業務です。早くて正確で丁寧な仕事が望まれます。

お客様の望む時間帯にお届けするために、ドライバーさんが集荷にくる時刻まで倉庫から商品を選別して取り出し、しっかり荷造りをしなければなりません。荷造り1つとっても、ドライバーさんが車両に商品を積みやすいよう梱包することが大切ですし、崩れないような荷姿に仕上げます。なおかつ、お客様にお届けした際に検品がしやすいような気配りも必要です。
また、倉庫でお預かりしている商品は食品が主ですから、消費期限にも目を配り、古いものから順に出庫していかなければいけません。

倉庫業務と聞くと、力仕事でアバウトなイメージを持っている方が多いと思いますが、その実とても繊細で、注意力や判断力を必要とする仕事といえるでしょう。


この仕事に向いているのはどんな人ですか?

力仕事が好きな方はもちろんですが、物を運ぶときは人力以外にフォークリフトを使用します。お預かりする商品も極端に重いものは少なく、もっとも重いもので500mlのペットボトル24本のケース程度。実際はそれよりも軽いものがほとんどですので、身体能力面での心配は不要です。
また、商品の運搬以外にもピッキングや在庫管理などの業務がありますので、力に自信のない女性の方やシニアの方にはそちらで活躍していただくように配属しています。実際、倉庫事業では女性の従業員も働いています。いろんな働き方がありますので、どなたでもできる仕事だと思います。

力仕事よりも、倉庫業務で大事なのは後工程のことを考えられる気配りです。入庫時に検品しやすいように商品を積む、ドライバーさんが運びやすいよう、お客様が検品しやすいように荷造りするなど、気配りのできる方が向いていると思います。


一番重い物でペットボトル24本分程です

フォークリフトを使用するので力に自信のない方でも働けます

3.社員が望む方向へ進めるようバックアップします

入社して倉庫事業に配属された後はどんな活躍ができますか?

倉庫事業に配属後は、まずは班長の下で助手として働き、さまざまな業務を学んでいただきます。
倉庫事業としての業務はもちろん、倉庫には業者さんがたくさん来ますので、そのやり取りも重要な業務の1つです。いろんな人と接しながら必要なスキルを身につけ、一人前になって欲しいと思います。

商品をお預かりするにしても、お客様から多種多様な要望があります。お客様の要望にできるだけ応えられるようチームで取り組み、解決していくことのできる、達成感のある仕事です。流れ作業ではなく、毎回目的に沿った仕事をするという点では、非常にやりがいが感じられると思います。

どんなキャリアアップが望めますか?

倉庫事業に配属された人の中には、大型免許を取得してドライバーになりたいという方もいらっしゃいます。新卒の社員が免許を取るまでには時間がかかりますので、それまでの間は倉庫事業で働き、免許取得後に近場のドライバー、それに慣れてきたら長距離ドライバーといった、キャリアアップができます。


ご自身も長距離ドライバーをやっていた
経験を語る工藤さん

社員が運転免許を取得するための費用は全額会社の方で負担しており、従業員が自分のやりたい方向へ進めるよう可能な限りバックアップをしています。

実は、私自身がもともとはドライバー経験者なのです。長距離ドライバーを志望して中途入社し、最初は近場のドライバーから始めました。そこで配送業の経験を積み、半年後に長距離を担当するようになった経緯があります。免許取得後にいきなり長距離ドライバーになるのではなく、必ず近距離を担当してから段階を踏んでいただくことになります。

倉庫事業でのキャリアアップはできますか?

ドライバー志望でない方は、そのまま倉庫事業でのキャリアアップが望めます。リーダーシップのある方や、お客様とのやり取りを見て人望が感じられる人は副班長、班長とアップしていきます。班長になれば業務の種類が増えますし、管理の方がメインになるとピッキングではなくスケジューリングが主な業務になってきます。

さらに課長になると、日・月単位での売り上げの把握などの数値管理業務も出てきます。倉庫事業の売り上げは、品物をお預かりした時や保管している期間で発生しますが、それらの管理をする会社の要の仕事です。基本的には昇進するほど、現場よりも管理の仕事の方が多くなっていきますね。

4.シニアになっても働ける会社です

ティスコ運輸はどんな会社ですか?

社長が社員とその家族の幸せを第一に考えており、みんなが豊かな生活を実現できるよう応援してくれる会社だと思います。キャリアアップを含めた社員の要望に耳を傾けてくれますし、やりたいことを可能にするための支援もしてくれます。

また、従業員が生涯を通じて働けるような環境づくりに積極的に取り組んでいます。
若い頃にドライバー職として入社した人も、年齢が上がるごとに現場がきつくなってくるというケースが多々あります。そんな時は倉庫事業やホーム事業に転属して、シニア層になっても働いていただけます。私自身もドライバーから倉庫事業に転属した1人です。

ドライバーのご家族の中には、今は稼げているけど将来的に不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、ドライバー引退後の仕事があるという点では安心していただきたいです。
ドライバーの体力がなくなったから退職というわけではなく、次の活躍場所として倉庫事業やホーム事業がある。社員が定年まで働けるライフプランニングを考えており、この流れができるのは倉庫を所有している当社の強みでもあります。

新卒採用の方やその親御さん、学校の先生などは働く環境での安全面を気になると思いますが、倉庫事業ではどのような配慮をしていますか?

安全靴やヘルメットの着用は当然のこと、現場で危険な箇所がないよう常に注意を払っています。
高積みになっている商品にはカラーコーンを置いて立ち入らないようにするなど、課長が現場を見回って事故が起きないよう対策しています。朝礼で声がけもしますね。

会社全体では衛生管理委員会が設置されており、社内や現場の見回りをして労働環境や安全面での改善に努めています。


倉庫内を常に見回り、安全確認をしています。

5.雇用を増やして地域貢献に繋げていきます

倉庫事業の将来的な展望をお聞かせください。

当社の倉庫事業はこれからもっと多くのお客様にご利用いただき、将来的に発展していく予定です。
大きな倉庫が建つ計画もありますので、さらにいろいろな業務が増えてきます。うちの倉庫を中心とした業務で雇用を増やし、地域貢献に繋げていきたいと考えております。

雇用が増えれば会社としてもよりたくさんの仲間が増えるし、できることも増えていきます。可能性という点で倉庫事業の未来は明るいですし、仲間と一緒により大きな幸せを作っていきたいです。

6.新人さんに期待することとメッセージ

どんな学生さんがティスコ運輸という会社や倉庫事業に合うと思いますか?

運送業というと車が好きじゃないとダメだというイメージがあるかと思いますが、実際はそうではありません。倉庫事業やホーム事業をはじめとしたいろいろな仕事がありますので、どんな人でも長く働ける会社だと思います。女性やシニアの方でも活躍のチャンスがいっぱいあります。

倉庫には毎日多くの業者さんが来ますので、明るい方やコミュニケーションが得意な方に合うと思います。チームワークも必要ですので、協調性のある方を望みます。

未来の新人さんに対してメッセージをお願いします。

明るい職場でさまざまな仕事がありますので、活躍できる場所はドライバー以外に多方面に渡ります。
面接の段階から倉庫事業やホーム事業を希望することもできますし、そう言っていただければ配属も考慮いたします。
自分の得意な分野を大事にしてくれる会社ですので、長所を活かし、一緒に気持ちよく働きましょう。